本文へスキップ

貧血情報サイトは貧血改善に一歩踏み出すお手伝いをします。

トップ > 貧血の基礎知識 > 寒がりや冷え性と貧血の関係


寒がりや冷え性と貧血の関係貧血の基礎知識





寒がりや冷え性と貧血の関係

寒がりや冷え性と貧血の両方に悩んでいる女性は、結構多いと思います。

寒がりや冷え性、貧血は、女性に多い病気というイメージがありますが、特に関連性はないような気がしませんか?

どちらも女性に多い病気だから、偶然冷え性と貧血の両方を持っているだけかもしれません。

でも、寒がりや冷え性と貧血には、関連性があるんですよ。

冷え性と貧血には関連性がありますが、冷え性が貧血を引き起こしている場合と貧血が冷え性を引き起こしている場合の2つのパターンがあります。

まずは、冷え性が貧血の原因となっているパターンからご説明します。

寒がりや冷え性の人は、身体に熱を逃がさないようにする身体の働きから、血管が収縮します。

血管が収縮すると、そこを流れる血液量も少なくなり、血流が悪くなりますよね。

血流が悪くなると、全身の各器官に必要な酸素や栄養分運ばれなくなるため、各器官の働きが低下します。

働きが低下する器官には、胃腸などの消化器官も含まれています。

消化器官の働きが悪くなると、鉄分をはじめとする栄養分の消化・吸収の効率も悪くなりますので、鉄分が不足して、貧血になってしまいます。

次に、貧血が原因で冷え性になるパターンです。

貧血になると、赤血球中のヘモグロビンが不足します。

ヘモグロビンが不足すると、全身への酸素供給量が減りますので、各器官の働きが低下します。

各器官の働きが低下すると、体内での熱産生の働きも低下しますので、極端に寒がりになったり冷え性になってしまうのです。

このように、寒がりや冷え性と貧血には、深い関係があります。

どちらか一方が悪化すると、もう一方も悪化する可能性があり、悪循環に陥ることもあるでしょう。

冷え性と貧血の両方に悩んでいる人は、両方の対策をする必要があります。

冷え性対策は、身体を冷やさないようにすること、適度な運動をすること、身体を温める食事を取ること、規則正しい生活を送ることです。

貧血対策は、ひじきやレバー、ほうれん草など鉄分の多い食品を食べること、バランスの良い食事をすることがあります。

これらの対策は、特に難しいものではありませんよね。

今すぐ始められるものばかりです。健康的な生活を送り、寒がりや冷え性、貧血を改善しましょう。

スポンサードリンク



関連記事

→ 貧血には、男性より女性が多い?
→ 隠れ貧血と貧血チェックの方法
→ 貧血予防のための食事