本文へスキップ

貧血情報サイトは貧血改善に一歩踏み出すお手伝いをします。

トップ > 治療と改善方法 > 悪性貧血とその治療法


悪性貧血とその治療法治療と改善方法





悪性貧血とその治療法

悪性貧血は、巨赤芽球性貧血の一種で、自己免疫性萎縮性胃炎によりビタミンB12の吸収が阻害されることで起こる貧血のことです。

巨赤芽球性貧血は、悪性貧血以外にも葉酸の欠乏や胃切除術後でも起こります。

ビタミンB12は、細胞のDNAを合成するために必要なビタミンで、造血ビタミンとも呼ばれています。

ビタミンB12が欠乏すると、骨髄で作られる赤血球が正常な形に作られず、途中で死滅してしまいます。

そのため、血液中の赤血球が不足し、貧血になってしまうのです。

悪性貧血の症状は、立ちくらみや動悸、息切れ、倦怠感など一般的な貧血の症状のほかに、ビタミンB12が欠乏することで起こる舌炎や知覚低下、手足のしびれなどの神経症状が特徴です。

「悪性」というと、通常は悪性新生物、つまりガンを指しますが、悪性貧血の場合はガンとは関係ありません。

以前は原因不明のため有効な治療法もなく、予後の悪い病気であったため、「悪性貧血」という恐ろしい名前がつけられましたが、現在は原因も解明されており、有効な治療法も確立されています。

現在では、悪性貧血は治療可能な「完治できる」病気です。

悪性貧血の治療法は、ビタミンB12の補給です。

悪性貧血は、自己免疫性萎縮性胃炎により、胃の粘膜が萎縮することで、ビタミンB12の吸収が阻害されていることが原因です。

そのため、ビタミンB12を補給すれば、正常な赤血球が産生されて、貧血も改善されます。

ビタミンB12の補給というと、ビタミンB12を多く含む食品やサプリメントを利用すれば良いと思うかもしれませんが、経口から多量に摂取しても吸収が阻害されているため、吸収効率が非常に悪く、経口からの補給では悪性貧血は改善しません。

そのため、ビタミンB12を筋肉注射する治療法が有効となります。

ビタミンB12が体内に取り込まれれば、悪性貧血は劇的に改善され、正常な赤血球が産生されると共に、悪性貧血特有の神経症状や舌炎も改善されます。

ただ、神経症状の場合は、回復が遅くなったり、場合によっては元に戻らない非可逆的なこともありますので、神経症状を伴う悪性貧血は早期治療が必要となります。

スポンサードリンク



関連記事

→ 貧血の治療法
→ 鉄欠乏性貧血とその治療法
→ 妊娠中の貧血と対処法