本文へスキップ

貧血情報サイトは貧血改善に一歩踏み出すお手伝いをします。

トップ > 予防と対策 > 貧血に効くサプリ


貧血に効くサプリ予防と対策





貧血に効くサプリ

貧血の中でも、鉄欠乏性貧血は貧血患者の60〜80%を占めています。

また、女性の10人に1人は鉄欠乏性貧血とのデータもありますし、潜在的な患者「隠れ貧血」の人を含めると女性の3人に1人は鉄欠乏性貧血と言われていて、女性にとって貧血は非常に身近な病気なんです。

鉄欠乏性貧血の予防や改善には、不足している鉄分を補う必要があります。

通常ですと、1日に必要な鉄分は日常の食事で摂取することができますが、ダイエット中だったり仕事が忙しくて栄養がどうしても偏ってしまうという人は、サプリメントを利用することをおすすめします。

鉄分を含んだサプリメントは、スーパーマーケットやドラッグストア、インターネット等で購入することができます。

鉄分サプリメントを利用するときに注意しなければいけないことは、適量を守ることです。

通常の鉄分サプリメントは、1日分あたり10〜15mgの鉄分が含まれていますが、なかには80mg以上も含まれているものがあります。

1日あたり必要な鉄分量は、成人女性で10mg、妊娠初期で12mg、妊娠後期や授乳期で15mgですから、80mgは明らかに多すぎです。

鉄分を一度に多量に摂取すると、嘔吐や下痢などの急性中毒症状が出ますし、肝臓やすい臓に蓄積して肝機能障害や糖尿病を招く恐れもありますので、鉄分サプリメントを利用する場合は、1日あたりの摂取量に気をつけましょう。

貧血に効果のある栄養素は、鉄分以外に亜鉛やビタミンC、ビタミンB12、葉酸などがありますので、鉄分のほかにこれらを含んだサプリメントを利用すると良いですね。

亜鉛は、赤血球膜を作る時に必要なミネラルですし、ビタミンCは鉄分の吸収効率を高めます。

ビタミンB12や葉酸は、造血ビタミンと言われていて、赤血球の産生に必要なビタミン類です。

食生活に気をつけて、サプリメントで栄養の補助をしても、貧血が全く改善しないという場合は、出血による鉄欠乏性貧血かもしれません。

また、悪性貧血や再生不良性貧血などすぐに専門的な治療が必要な貧血である可能性もありますので、そのような場合には病院を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク



関連記事

→ 貧血の予防と対策
→ 貧血に良い食べ物
→ 貧血とコーヒー